2011年05月21日

ハーグ条約加盟について考える

菅内閣、ハーグ条約加盟方針を閣議了解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000005-cnn-int

国際結婚した妻の身としては、それなりの理由があったからこそ子供を日本に連れ帰えるんだろう、と思ってしまうのですが。
結婚生活が破綻する理由は人それぞれなわけで、例え期間限定であっても条約によって子の行動が制限されたりするのはどうかな〜と個人的には思うのです。
こういうのって、条約でどうこう決められる問題なのかな、と。
だから条約に加盟したとしても、柔軟に対応して欲しい。DVが絡むケースは特に。

一番は、やはり子に負担をかけてはいけないということ。
裁判が終わるまで、結婚が破綻した両親が同じ国内に留められ争うわけです。子供の心理を考えると辛い。
それに外国人とか、女性とか、その国にとって不利な立場にいる人が裁判で闘って、公平な裁判の判断が下るかどうかも怪しいところ。

個人的には、日本がこの条約に加盟する意義はあるのか甚だ疑問なのですが。
欧米からの圧力なのですね。日本らしい判断だなぁと思ってしまいます。
タグ:ハーグ条約
posted by Chioma at 22:41| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

<衆院選>民主党圧勝で外国人参政権は?

先日の衆院選で、鳩山代表率いる民主党が圧倒的な勝利をおさめました。
子育て支援や年金問題など、今後の日本を左右する重要なテーマが、日々テレビや新聞などで盛んに取り上げられています。

民主党の勝利で、在日外国人の生活はどう変わるのでしょう?

実は、民主党はある重大な目標を掲げていたのです。永住権を持つ外国人に地方参政権を与える、という事です。最終的なマニフェストには含まれませんでしたが、民主党は長年外国人参政権実現に向けてこの問題に前向きに取り組んでいたようです。
→【主張】外国人参政権 隠された争点にも関心を(産経ニュース)

このことは、民主党内でも反対派がいて議論の的となっているようですが、民主党のみならず、公明党や社民党なども賛成の姿勢をとっています。

外国人に参政権を与えることによって、外国人の多い地域において偏った政治が行われるのではないか。憲法に違反するのではないか。など、根強い反対意見があるのも事実です。

日本に住む外国人の数が増加の一途をたどる中で、そろそろ表立ってこの問題を考えるときが来たのではないか、と思います。
反対意見が出るのはもっともな事ですが、日本人にとっても、外国人にとっても、今住んでいる日本を住みよい場所にしたいという気持ちは一緒のはずです。
増え続ける外国人を排除するより、いかに上手に共存するか、の方向で考えるべきなのではないかと思うのです。
posted by Chioma at 04:01| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。